悠生治療院

身体のバランスの崩れをケアします。アンチエイジングケアを基本に重量に抗える肉体を維持できるようにケアさせていただいております。訪問マッサージもしております。

心と身体の健康について

心が健康でいるためには、身体の健康が大切であること。なぜなら齢を重ねれば重ねるほどに、心は身体に大きく影響されるようになるからである。
また身体を健康を保つためには、毎日やってくる老化、それは具体的には筋肉が弾力性を失い、筋力低下を起こすことなのだけれど、筋力低下を食い止めることが何より大切であること。
そのために毎日の暮らしの中で身体の使い方を意識することが大切であること。
骨格的な変化をできる限り引き起こさないよう意識することがとても大切である。

田中(安井) 美香

立命館大学卒

京都仏眼鍼灸理療専門学校(旧仏眼厚生学校)卒。

ブログ

本物の仕事を目指して

今年もいっぱいありがとうございました。 勉強はなかなか遅々としてすすんでいませんが、それでも、身体の元気を手助けするのに、鍼灸治療が有効なものだと確信を深めるくらいにはなりつつあります。お正月休みに読書が進むと良いのですが… コロナ禍で仕事が減ったことで、以前よりのんびりと仕事ができるようになりました。次の仕事を時間の余裕をもって入れるようにできるようになったからです。仕事が減っても終わる時間は変わりませんが、おかげで少し腕が上がったように思います。 私のマッサージは、筋肉を揉み解すというより、肥厚してねじれた筋膜を正常に近づけるというイメージで取り組んでいますが、そのために優しい、皮膚を探っただけで、そのまま治療が完了してしまうという事をなんどか経験することができました。膝が痛くて歩けないという方が一回の施術でもう痛くないと言われたのには、こちらがびっくりしました。もっともこの方の膝の痛みというのが、大きな器質的変化を伴っていなかったからなのですが。 そんなこんなで、ほんの少しの心の余裕が、状態観察の丹念さに結びつくことをしみじみ実感した一年となりました。 しかしながら、時間にゆとりを持つということが、実は新型コロナウイルス対策に一番必要なことの一つなのではないかと考えたりしています。というのも、新型コロナウイルスの感染対策には、とにかく時間がかかるからです。入室前後の手洗い、消毒、マスクの着用でのコミュニケーションの取りにくさ、検温など、ほんの少しの時間とはいえ、滞在時間が30分前後だとすると施術時間に食い込み、施術を圧迫してしまう時間なのです。 それで今まで決めていた施術時間をあまり気にかけないように、できるだけゆとりのある時間設定にすることに変えるようにしてきました。 様々都合で、どうしても時間の制約から自由になれない時も多くありますが、新型コロナウイルスの感染拡大そのものが、隣町に行くように飛行機で世界中を移動したり、日本中を移動してたりしたためにこんなに一気に世界中に感染が拡大したのです。わたしは、この事態を自然の摂理に反した人間への地球からの警告ではないかと受け止めているので、風を感じ空を見上げて、道端の花々を愛でながら、訪問の仕事を楽しむように気持ちを大きく切り替えるよう心がけています。 また、新型コロナウイルス感染拡大は、医療のあり方も大きく変え、それはもう元には戻ることはないのかと思います。自分にとって必要かどうかより、言われるがままに、あるいは「得」な感じがするというような身体が必要としていない医療は、次々と後回しにされていきました。私たち訪問マッサージもあってもなくてもいいけどというような仕事は次々とお断りをうけました。中には断るチャンスを探していたところにお断りのチャンスが来たというようなこともあったように思います。全ての医療業界がこの洗礼を受け、コロナウイルス対策以外の医療費は大きく削減されたされたのではないかと思います。これはとてもいいことではないかと思いますが。 コロナウイルスの感染拡大を機に、効率優先で置き忘れてきた心を中心軸に代え、本物の医療として残っていく仕事を追求してゆかねばと考えながらの一年となりました。 来年からも、この洗礼に耐えうる本物の仕事を提供を追求していきたいと思っています。どうぞよろしくお願い致します。

2020年を振り返り

ついに2020年が終わろうとしています。私の人生はずっと凪の連続でした。とりわけびっくりするような良い事もなければ、びっくりするような悪い事に遭遇することなく、ラッキーの連続で神さまに守られながら来たので、神さまを裏切らないように、自分の良心に反することはしない、自分に嘘はつかないという取り決めをして凪の人生を生きてきました。だからこの先もずっと凪の人生が続くと信じて疑うことなく生きてきました。 ですから、新型コロナウイルスの拡大の中で息子の修学旅行が中止になり、非常事態宣言の中で街が閑散とし、仕事も次々と減って行くという経験は内心かなりショックをうけました。先の不安に今までのやり方は通用しないと強く感じました。 それでもおかげさまでなんとか仕事を続けさせていただけて、毎日美味しいご飯と暖かい布団に恵まれています。 私を支えて下さった全ての方々、そして地球と他の全ての生き物、植物に心よりの感謝を申し上げます。本当にありがとうございました。 コロナウイルスの感染拡大の原因、経済の落ち込み、全てにおいて、それを考え対策を取ることを論じることは、専門家の方々におまかせして、わたしは、この出来事を私自身の問題として、地球の意志として起きた問題と考えてきました。 そして日々の営みが本当にありがたく愛おしく感じることができました。 こんな心を、年内に表現していけたらと思います。 写真は患者さんから頂いた押し花アートです。 #押し花アート #2020 #ガイア #loveandpeace #悠生治療院#マッサージ

人類の脅威! 怖いウイルス事典 (TJMOOK)

課題の前に出された課題、ようやく読了(本とはいえない…)。 ヒトがウィルスとケンカして勝とうというのが間違いだという意味がよくわかった本でした。様々研究をしても未だワクチンも薬もない新型コロナウィルスより恐ろしいウィルスが世の中にはいっぱいあると改めて知りました。 新型コロナウィルスへの対応は今後どうなってゆくのでしょうか? 本当に先行き不透明な時代ですが、行き過ぎた人間への地球からの警告と考え、自分の暮らしを見直す良い時期なのかなぁとも思います。 私的には、地球にも人にも優しいマッサージ治療で、人も地球も元気にできたらサイコーですね。

お問い合わせ


〒612-0029
京都市伏見区深草西浦町6ー31プラッツうずら 2F

完全予約制
090-3703-4538
075-645-1851