悠生治療院

身体のバランスの崩れをケアします。アンチエイジングケアを基本に重量に抗える肉体を維持できるようにケアさせていただいております。訪問マッサージもしております。

心と身体の健康について

心が健康でいるためには、身体の健康が大切であること。なぜなら齢を重ねれば重ねるほどに、心は身体に大きく影響されるようになるからである。
また身体を健康を保つためには、毎日やってくる老化、それは具体的には筋肉が弾力性を失い、筋力低下を起こすことなのだけれど、筋力低下を食い止めることが何より大切であること。
そのために毎日の暮らしの中で身体の使い方を意識することが大切であること。
骨格的な変化をできる限り引き起こさないよう意識することがとても大切である。

田中(安井) 美香

立命館大学卒

京都仏眼鍼灸理療専門学校(旧仏眼厚生学校)卒。

ブログ

小室哲哉さんの会見:介護をする方をマッサージして感じること

小室哲哉さんの音楽家としての才能やその他のことと切り離しても、この会見は、長期に渡る介護が、介護者の心身を疲弊させていく悲しみについて深く物語っていると思います。 読まれてない方は、是非一度お読み下さい。 ▼小室哲哉、涙の引退会見「悔いなし、なんて言葉は出てこない」(ナタリー) https://natalie.mu/music/news/265902 私は訪問マッサージを初めて23年目を迎えました。患者さんの悲しみしか見えなかった若い日からすると、介護者の深い悲しみを少しずつ感じられるようになって来たように思います。 介護を知らない方のために、私なりに状況を少し捕捉させて頂きたいと思います。 介護者は、 介護を始めた頃は、慣れないことの連続に、疲れ果ててしまうようです。 オムツ交換やトイレ誘導など身体介護の一回一回は、なんとか出来ても、介護は、一日に何度も、毎日の繰り返しです。足腰の痛みの訴えのない方はまずありません。 また、介護保険のサービスなど社会資源に頼れるようになって身体は楽にはなりますが、他人が家に来てくれるということは、人のスケジュールで生活するということで、経験しないとわからないストレスがあるようです。 その上に、介護が長期化するということは、患者さんにとって、それは成長ではなく、歳を積み重ねる時間の経過ということなのです。 時間が経過すれば、障害がなくても老化は進みます。ですが、障害や疾病を抱えるということは、そのスピードが健康な人より速いということなのです。 つまり、良くなっていくより少しずつ悪くなっていくのが普通のことなのです。 時間とお金を費やしてリハビリをして、(私のマッサージもです)一時的に良くなり、お世話が楽になったとしても、自然の摂理には敵わないのです。 このことが、愛情深い介護者の心を直撃してしまいます。やってもやっても結果が出ないことに心が深く傷ついてしまうのだそうです。 その上に、介護中心の生活は、社会的付き合いに制限を加えて来ます。 介護者が若ければ若いほど、同世代の人と付き合う時間を奪われ、介護の悩みを誰とも共有できなかったりで、介護者のその孤独感は計り知れません。 私は、介護者の方のマッサージをさせていただくこともあります。介護の終わりが来て、縁が切れることもあれば、その後も関わり続けられることもあります。 その時に、いつも私が感じることは、介護が、介護者に与えるダメージの大きさは私の想像をはるかに超えているということです。その大きなダメージに、私のマッサージはなかなか太刀打ち出来ません。その心身の回復には、長い時間が必要なように思います。 介護を経験した人にしかわからない心身の疲弊がつきまとうのが介護なのだろうと思います。美談なんて軽い言葉で言い表わせなのじゃないかと思います。 このような現状は、日本の高度医療の進歩が作り出したものだろうと思います。 もちろん介護保険や在宅医療に関わる人たちは、これらに少しでも貢献したいと思って日夜努力を重ねていらっしゃいます。 しかしながら、長寿や生にこだわる日本人の思考や滅私奉公的な姿を美談と捉える風潮を超えていかないと難しいのかなと思ったりします。 日日介護の現場を目の当たりにしている私の目標は、「楽しく生きて天国に行こう!」です。

うれしい出来事がありました!

昨日のことです。 なんと、家に帰ると、千葉県在住のツイッターのフォロワーさんから、サッポロ一番竹岡式ラーメン ファミリーパックが一箱(つまり30食入り)が宅配便で届いていました! 千葉県でマッサージ師をされている方が、拙ブログを読んで参考にさせてもらっていますと送って下さったのです。 あまりにも、思いがけない出来事でした。 息子は何度も 「なにしたん?なんかあげたん?」 「なんで送ってくれはったん?」 「後から請求書くるんちゃうん」と聞いてきます。 私も何が何やらわからず、 「後から請求書は来ないと思うけど、何にもしてないんだけど、私のブログを参考にして活用して下さっているらしいんだけど。何にもしてない…」 DMでお礼を伝えたら、 「お疲れ様です。どうぞ、ご笑納ください。 ありがとうございますは、私の方です。仕事に、勉強に熱心な先生とコミュニケーションが取れたこと、感謝してます。激務の日々、お身体にご自愛ください。」 と言って下さったので、有り難く受け取ることにしました。 私の書く文章が、全く知らない方の心に届くものがあったなら、本当に嬉しいことです。 毎日の仕事の中では誰にも言えないような悔しいこともままありますが、自分を信じて頑張ろうと改めて思いました。 本当に本当にありがとうございます。 悔しくてご飯が入らない夜は、しばらくは、美味しいラーメンが私を待ってるわ🤤 それにしても、私がラーメンの中でもインスタントラーメンが一番好きで、一人飯ならインスタントラーメンが一番食べたいご飯って言うのは誰も知らない秘密のはずなのに… なんでわかったんだろう🤔

今日のうれしかったこと

毎日ほんの少しのことで、浮いたり沈んだり。相変わらず、メンタルは豆腐(と若い人は言うらしいです笑笑)です。 が、今日はうれしいことがありました。 年末に訪問を始めた方が、 「治療後は、立ち上がる時に痛みがなくて、嬉しくて涙がでました」と言って下さいました。 痛みが和らぐということが、当人にとっては涙が出てくるくらい嬉しいと言われ、なんだかしみじみそんなもんかと考えさせられました。 そして、自分がそういう力になれたことや、そんな風にストレートに言っていただけたことが、うれしはずかしで、言われた私が嬉し涙でした。 治療をして、その対価を得ることが出来るということは、基本的には、相手の納得がないと成立しないことなのですが、自分はちゃんと出来ているのだろうか、という不安が消えることはありません。 治療は、目に見えないもので、仕上がりも、時間の経過とともに消えて行くものですから、治療後の、心のモヤモヤは、それなりのストレスです。 しかしながらこのモヤモヤが技術の向上を目指す一番の力になっているのだから、仕方がないことなのだろうと思います。 それで今日はこの有難いお言葉を素直に胸に刻んで明日への活力にしたいと思います。 I feel so happy❣️

お問い合わせ

〒612-0029
京都市伏見区深草西浦町6ー31プラッツうずら 2F

完全予約制
090-3703-4538
075-645-1851