お断り

Pocket

先週は、一人の患者様からお断りをいただきました。よくはあることでもありませんが、めずらしいことでもありません。

訪問マッサージはこちらから伺うので、理由がわからないまま仕事が消えるということは、ほとんどなくて、多くの場合にその理由を知ることができます。そのことに慣れることは、なかなかありません。毎回ガックリするし、相手を非難したくなります。

どこで間違ったんだろう、どうしたら良かったのか、自分なりの答えが見つかるまでそのことが頭から消えずに、頭の中をグルグル回っています。

 

そして時間の経過とともに、感情的な部分が薄れ、冷静になってくると、自分の足りなかった点や患者様の立場からの見方が理解できるようになってきます。やはり治療の本質は、一方的な技術の押し付けではなく、患者様に寄り添うことなのだろういう考えに至ります。

他にはない素晴らしい技術を持っていたとしても、その結果を出せるまでに断わられてしまってはその技術を振るうこともできないのですから技術がすべてというわけにはいきません。

患者様が、訪問を楽しみに待って下さることの中身は、マッサージの技術だけでなく、会話であったり、話し方やそのたたずまいがかもす雰囲気であることもあります。肌の合う合わないという理由で仕事が断わられることもままあります。

しかしながら、相手がそう感じる裏には患者様に対する共感や思いやりの気持ちが欠けていることがあるように思います。そのような気持ちの至らなさが、どのような施術や会話であろうとカンに触るという結果を招いてしまうのではないかと思い至ることがほとんどです。

それは命に関わる実際的な仕事ではなく、マッサージが単なる技術の提供でなく、触れるということ自体が癒すことも含まれる仕事なので、常にこちらの心がつたわってしまうのだと理解しています。

そうして日々患者様から鍛えていただいたおかげで、相手に寄り添うということを、少しずつ、より深く知ることが出来るようになってきたように思います。それでも、やっぱりうまくできないことがあり、しばらくはがっかりするしかありません。

今回は悠生治療院の4人のメンバーが全員順番にお断りをいただき、最終治療院の変更ということになりました😢理由はそれぞれ違いますが、根底には辛い患者様の毎日を変える力になれなかったことが一番の原因です。

なかなかうまくできませんが、今後も精進しますので懲りずにによろしくお願いいたしますとお伝えするばかりです。

患者様のお家で。自費のヘルパーさんが、体調の優れないご家族様のお昼ごはんを作り、私は残りを試食させていただきました。このおじやの中にほうれん草、かぼちゃ、白身魚、人参・しいたけ入りの卵焼きが入って栄養満点です。
自費のヘルパーさんと私たちマッサージ師は介護保険外のインフォーマルサービスです。介護保険にしばられない者同士相性がいいなと思います。
おかげで身体だけでなく心も満たしていただきました。ごちそうさまでした💕

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *