京都マラソンボランティアマッサージ

Pocket

おはようございます☀

一昨日(19日)は京都マラソンボランティアマッサージで一日が終わりました。今朝は全身筋肉痛です😩

個人的には6分間施術の決まりを守ることで、マラソンによる疲労の回復を一番の目的に施術することを心がけました。というのも、痛みの出た箇所や元々ある故障の箇所の治療までしたくなってしまうのを避けるためです。わかってはいても日常的な仕事とは違うので、ついつい手が反応してしまうのです。

そして、今回は、施術場所をスポーツケアを中心にされている先生の向かい側に取りました。その先生方のリズミカルで軽快な施術を見ることで、自分のすべきことを再確認し施術にあたることができました。

一番最初にケアさせていただいた方が「途中から脚が痛くて、終わったらマッサージしてもらうことだけ考えて走りました。すぐにしてもらいたかったので着替えずに来ました。すみません」と言って来て下さいました。タイムは3時間を少しきったと言われていたように思います。

限界に挑戦した身体は張り詰めて切れる寸前の糸のようです。
糸(筋繊維)を切らないよう傷つけないように優しく優しく緊張を取り除くように施術しましたが、いつもの仕事で触る身体とは正反対です。細心の注意をはらいながらの施術です。

その間に「ああぁ」「ううっ」と声を出して施術に反応して下さいます。その声に上手く誘導されて、6分では終われませんでした。が、終わった後は「ありがとう」と握手して下さり帰って行かれました。

おかげさまでその後は、その施術を基本に6分を組み立てて取り組めたように思います。

「極楽でした」
「明日、仕事休まずにいけそうです」
「妻がマッサージ、マッサージと言って金をくれと言うんだけど、その理由がわかりました」
などと言葉をいただけたのは私には何よりの御褒美となりました😊

マラソン参加者1万7000人に対して、私たち京都府鍼灸マッサージ師会で、約1000人の方のケアをすることができました。
昨日の京都市長が、京都三大祭りに次ぐ4番目の祭りとして、広く国内外からの参加者を募ることが出来ているとおっしゃっていました。
その一大イベントに公式ケアとして、広いスペースをいただき、施術に参加出来ることは、マッサージ師として本当に誇らしく思います。

今年は私もスポーツケア部の委員としてほんの少しだけ事前の準備に関わらせていただきましたが、委員長を始めとして多く方方の準備、打ち合わせから、物品の購入などの御尽力のおかげで、私たちは当日のまたとない経験をさせてもらうことができるのです。

医療保険の締め付けや、国家資格のない治療家の存在など、厳しい状況にある鍼灸マッサージ師業界ですが、このような機会を通じて、自分たちの業が他にはない技術を持った仕事であると実感することができるように思います。

未だ参加されていない多くの施術師の人たちがもっと参加していただけば、もっと多くのランナーをケアすることが出来るし、業界としての存在を多くの方に理解していただける機会になると思います。
そのことが、自分たちの業に自信を持って技を磨いて行く大きなきっかけになり、業界全体の大きな光になるのだろうと思います。

最後に書いておきますが、京都市としても私たちのブースは高く評価してくれていて、昨日は生中継でも我がブースが映されました。で、ランナーとともに私もインタビューを受け、生中継に出してもらいました。走り終えた感想と、マッサージしている気持ちを話すことになっていましたが、恥ずかしながら緊張して、しどろもどろになりました😓人生初テレビに出ました😵オハズカシイ…

準備中、顔を出してくださった京都市長。
二位の選手!
インタビューされてるランナーとマッサージしてる私。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *