ノーブレーキで突っ走ってきたマッサージの仕事

Pocket

昨夜は私のブログが縁で声をかけて下さった同業の先生たちと飲みに出かけました。

人見知りをすることも多く、初めてお会いするときはうまく打ち解けられるかわからないので、少し緊張していましたが、相手が私よりずっと上をいく話し上手な方で、緊張する間も無く話に引き込まれていき、楽しい時間を過ごすことが出来ました。ありがとうございました😊

マッサージ師になってもう長くなるので、ブログで書き表している私は、鷹の目で自分を俯瞰しているとても冷静な私で、普段の私とは少し違うかも知れません。

普段は、冷静さからほんの少しかけ離れていて、特にスイッチが入るとブレーキがきかなくなってしまい、何か失敗するまで、「やる」という指令以外は脳に届かなくなり、周りが見えなくなることもよくあります。

訪問マッサージの仕事は、こんな私が人生で一番夢中になり、ノーブレーキで突っ走って来たことの一つです。

自分の未熟な想いを抑えられず、周りのあらゆる人にご迷惑をかけ、泣いたり、怒ったりを繰り返して来ました。
その度にもうやめようかなと思ったりしましたが、こんな私を見捨てず、暖かく助言をして下さり、守り育てて下さった方々との出会いの中で、倒れても、途中で投げ出さずにやってこれました。

なりふり構わず突っ走ってきた分、失敗とそこからの学びもまた多く経験してきたのは確かです。

私の経験が何かのお役に立てるなら、これほどうれしいことはありません。とりわけ、仕事を始めたばかりの方々のその悩みの助けになれたら嬉しいと思っていますのでいつでも声をかけて下さい。

私なりのやり方でしか生きられませんが、こんな私が仕事を続けられている事、受け入れてもらえている事全てに心から感謝です。

混沌が苦手です。私なりの秩序を見つけるまでブレーキを失うことがたびたびです。寝たきりや脳梗塞後遺症の症状に私なりの秩序を見つけるまで長い長い時間がかかりました。
今は私なりの秩序の中に身体というものがあるので安心して仕事に取り組めるようになりました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *