笑いすぎる笑い話

書き出すと、ややこしい心のウチですが、毎日の多くの時間を患者さんに笑わせてもらいながら仕事しています。

笑いすぎて、鏡に写る笑いジワに、目の前のご老人よりシワが深いやんと、よる年波にがっかりしたりしています。“シワシワになるしあんまり笑わんとこ”と思うのに、ついつい話に引き込まれお腹が痛くなるくらい笑っていることもよくあります。

「あんたなぁ、昨日おかしかったで。息子がなんか欲しいもんあるか?ってめずらしく聞くから、そらうちかて聞かれたら欲しいもんあるやろ。もうすぐバレンタインやし、伊勢丹にチョコレート売ってるやん。チョコレート食べたい言うたら、そんなん違うおかずややて。おかずはヘルパーさんがこうてくれはるしいらん言うたら、何にもこうてきてくれへんかったわ」

――伊勢丹よるん大変やったんちゃいますか。スーパーでもいいって言ったらどうですか?

「なんでや、すぐやん。伊勢丹には駐車場もあるえ。ほんでなぁ、手ぶらで来て、コーヒーとパン食べて、ずっとメールして、すぐ帰っていったわ。ウチ、わかったわ。あれはオンナや。オンナに会いに行くのに嫁の手前オカンに会う言うて出て来てんねんや」

きっと息子さんは一人暮らしのお母さんを気遣い、ご飯に困ってないか、顔だしたらそれだけでも母親が喜ぶやろという気持ちで顔を出されたのだと思います。まさかお母さんが探偵並みの洞察力で観察しているとは露ほども思ってないのでしょう。

少なくない人が、相手がお年寄りだと、自分の中の年寄り像に合わせて行動されているのに比して、お年寄りの多くは、頭の回転がゆっくりになったり、世間事情から疎くなっていたとしても、自分の知りうるあらゆることを総動員して考え、それまでの人生経験に基づいて考え、行動されます。
歳を重ねることは、見た目も中身も衰えて“いいこと何にもないわ”ってことになります。でも経験の多さとあきらめを超えたところにある達観したような態度は、若い人間の及ぶところではありません。

そのあきらめたフリをしている建前と、裏側の本音があまりにも違っていたり、よそ行きの態度と本音の差とを、どうこうしてもらいたいわけじゃなく、ただの話として、語るその口調に、私はお年寄りの懐の深さと悲しさ、優しさなど色々なものを感じます。そして、一方では、そんなことに全く気がついていない相手とのギャップを想像して、私は本当に面白くて笑ってしまうのです。

毎日いろいろな事があります。

どちらかというと、うまくいかない方が多いかもしれません。でも、お年寄りとつき合わせていただいていることで、私は、自分の歳の数よりはるかに多くの経験を見聞きし、考える力をもらっているように思います。また私の無礼を大きな心で許してもらえたり、マッサージしながら、話を聞いてるだけで、おかげで元気でたわと私のほうが元気をもらっていることも多いので、やっぱりお年寄りは大切にされる価値が十分にある存在なのだと思います。

パーキンソン病の患者様。細かいことは病状を悪化させるからあまり奨励されません。が、細かいことばかりされてますが、ずっと機能を維持されてます!

新年祝賀会

昨日、リーガロイヤルホテルで行われた、京都府鍼灸マッサージ師会(以後府師会)新年祝賀会に初めて参加させていただきました。

国会議員の先生や府知事・京都市長、鍼灸学校の校長や、介護支援専門員会会長、全国の鍼灸マッサージ師会の会長や理事の方々など普段お目にかかることのないご来賓の顔ぶれにちょっとミーハー(これはすでに死語⁈)気分で皆様からのお言葉を聞かせていただきました。

その後の御食事会では、介護支援専門員会の副会長や静岡の先生とお話しさせていただいたり、いつもお世話になっている先生方から声をかけていただいたりと、またとない経験となりました。

私は、自分で治療院を開業するまで、この府師会の活動に参加することはほとんどありませんでした。開業する際に、お世話になるのだから少しは顔を出そうと、何かの折には参加させていただくようになりました。正直、自分たちの会であっても、あまりいい印象がありませんでした。訪問マッサージに対する姿勢や会の運営に違和感を抱いていたからです。
ところが、久しぶりに顔を出した府師会は、自分たちの資格に誇りが持てるようにと熱心に取り組む若い先生方がたくさんおられました。

私は、深く知ろうともせずに、つまらないと思い込んでいた自分の傲慢をはずかしく思いました。
それから自分の出来る範囲ではありますが、少しだけ参加するようになりました。

そうして府師会に参加しようと考えた私の考えは、大当たり🎯でした。

この20年、私は自分の信じた道を進んできましたが、私の考え方はわかるけど、実際的でないとか、それは机上の空論だとか、青すぎるとか、そういう批判めいた感想を耳にすることが多く、治療上の相談であっても、他業種の方に聞いていただくのが、常でした。

ところが、一人の府師会の先生が、私の気持ちや考え方を理解し、手技交流会の講師にと声をかけて下さいました。私は声をかけていただけたことが嬉しくすぐ快諾しました。そのおかげで、他の先生方とも知り合いになり、励ましていただいたり、また勉強会の講師に声をかけていただくようになりました。
共に歩めると思える先生方と出会えたことや、それぞれの経験に裏打ちされたお話しをうかがえることが私の世界を一挙に広げてくれました。

また、いつもは小さな治療院の中にいて、自分の中に大きな力を感じることはありません。小さな小さな個人事業主にすぎません。しかし、府師会の一人になると、大きな組織の一員として、少し自分にも大きなことが出来るんじゃないかと思えるのも、いいことです。昨日の豪華な来賓を見てつくづくそう思いました。

御多分に洩れず、我が府師会も、参加される方々の高齢化が進んでいるように思います。若い息吹がもっと増え、私たちの業の未来を明るいものに出来たらと思います。

なかなか多くのことは、出来ませんが、府師会の活動に少しの力になれたらと考えています。

おそれおおい方々の中で私がうつっているのもまぎれさせました(^:-)

寄る年波の筋肉痛

私は、毎日の仕事を自動車か、自転車で訪問しています。自転車で回るといろんな景色をみたり、ボーと考え事をしたり、気になるお店を覗いてみたり、季節がいい時はそれ自体が楽しかったりします。でも時間の制約が厳しい時や遠く離れた場所に行く時は仕方なく自動車で訪問することになります。

この頃は少し離れた場所の仕事が増えたため、自動車で訪問することが増えました。

おかげで筋肉がとても落ちてしまいました。先日患者さんと一緒に腹筋をしようとしたら、なんと一度も出来ないではありませんか💦焦ってスクワットを少ししました。もちろん腹筋もしました。きっちり、翌々日に筋肉痛が…

人にはさんざん筋トレの大切さや、急激な運動は害が大きいなど言っていますが、自分が身をもって知る歳になってきました。
仕事を始めた頃は、ほとんどの患者さんが、私の二倍、三倍歳上でした。今では中年になりそんな事を言える人は限られてきました。
私の最年長の患者さんは今年105歳を迎える方です。私の倍以上ですね〜♪久しぶりに言えたこのセリフに、自分の重ねた歳を感じると共に、50でこんなに寄る年波を感じることを考え、104年の歩みに心の底から尊敬の念が湧いてきました。104歳の人生は精神力がまるで違います。私は足元にも及びませんが、少しは負けずに頑張らないとと思います🤸‍♂️🤸‍♂️🤸‍♂️🤸‍♂️

102歳の方の靴下。カーディガンをリメイクして作ってあります。お袖だけでなく身衣からも作るそうです。先日はご自分で着物のリメイクをされてました‼︎

へべれけ

昨日は医師に書いていただく施術同意書につける報告書をスタッフ一同で書いていました。終わったら時計は午前1時を過ぎていました。
思うような結果が出せなくて、顔が固くなる日もあります。努力したことが形にならず涙がこぼれる日もあります。
自分たちなりにはとりあえず頑張っています。足りないところはどんどん叱咤して下さい。どうぞよろしくお願いいたします。

本当は昨年の勉強会の話を書こうと考えていましたが、今日はへべれけで無理みたいです。乞うご期待です。

この2本でいい気分

初仕事

今日から初仕事でした。
マッサージ師はピアニストと同じで毎日使わないと感覚が鈍ります。長い休みの後の仕事は不安です。
でも今日の一人目の仕事は先方が笑顔で迎えて下さったおかげで俄然気持ちがアップしました。また患者さんの状態が、全体に浮腫+、表情もより硬く一週間のブランクが明らかに現れている状態だったためやる気モードにすぐ入っていけました。ほっ。

長い休みは肉体労働の身体をフラットに回復させてくれるので、とても大切です。また定期的な訪問をずっとしていると、自分の影響力がはかれず、これでいいのだろうかと迷いを生じることもよくあります。だから、一週間のお休みを頂いた時の患者さんの変化は大切な指標になります。大した変化がない時は自分の力を過信していると考えます。

とりあえず今日の仕事は一週間のブランクがだいたい想定内に現れていました。

患者さんに口にすることはありませんが、一週間のお休みを取り戻すには、二、三週間必要とすることもあります。出来るだけ早く取り戻すために、ちょっと施術時間を延ばします。

そんなこんなで、今日一日を無事に終えることが出来ました。ありがとうございます。

弘法さん。
仕事しながら毎日弘法さんを見ては心を穏やかにしています。

初夢

おはようございます。

初仕事は明日からです。

今日は初夢の話です。
患者さんの家の近くを歩いていたから、サプライズで寄ってみたら、中からうめき声が聞こえてきます。焦って駆けつけると転倒しそうになり、首が紐に絡まって苦しそうなところでした。震える手で抱え上げたら、なんとか息を吹き返してくれました…夢ですが、お正月の間、訪問があいてるので心配になっています。

常に人の生死に関わる仕事をしていると、霊感を感じやすくなるかとか、そういう怖い目に遭わないかなどよく聞かれます。
私にはそういうことは全くありません。ただ治療中に間一髪で怪我をさせずにすんだり、何気なく見て床ずれを発見することがよくあります。そういう時には、亡くなった患者さんが助けてくれているに違いないと信じています。

また、私は霊感はありませんが不思議な夢を見ることはたまにあります。
最近訪問を始めた患者さんのお家に訪問した時、数年前にそこに行った夢を見たことを思い出しました。デジャブみたいじゃなくて、はっきり内容まで覚えています。不思議なことなので、そのことはご本人には内緒にしていますが、いつの日かかけがえのないご縁になるのだろうかと少しワクワクしながら仕事しています。といってもたかが夢だから淡い期待です笑

新幹線からみた富士山